2016年9月28日水曜日

羽後朝日岳

 
真昼山地は、秋が深まり羽後朝日岳(地元では朝日畚岳)紅葉が見ごろとなっています。

 アクセス道路の部名垂林道は終点まで通れます。部名垂沢が登山口になります。沢を渡った所から堰堤の作業道が始まりますが、探しにくいですから沢を遡行して最初の堰堤で左岸に登ると作業道に出ます。二の沢出合で部名垂沢に出て進み、テープを頼りに進みます。堰堤を越える道は左岸にあります。登山口の部名垂沢渡渉地点のすぐ下流の堰堤を第一として最終堰堤は15番目になるはずですが、二の沢の出会いから4番目の堰堤が最終堰堤で、左岸にロープが下がっています。
  包丁峰分岐から朝日畚岳

 二の沢畚出合の枯沢の出会いから、核心部が始まります。包丁峰からの沢との出会い、二股出合から急登となり、20m~10mほどの滝を五箇所巻きます。昨日新たに、第二の滝、第三の滝にスタティックロープを置いてきました。滝を巻くのに3~5分ほどかかりますので、人数が多い場合は時間がかかりますので、登山計画を立てる場合は留意してください。

 
朝日畚岳は、川原を歩き涸沢出会いから沢登となります。一般的な登山道はありません。また志渡内畚からの尾根に出ても踏み跡はありますが藪こぎとなります。

 
 ルートして、4コースがあります。最も安全なルートは貝沢から大荒沢岳を経由するコースです。大荒沢からは藪こぎとなります。最も多くの登山者が利用するコースが部名垂沢コースです。その他のコースとして、生保内川源流のコース、堀内沢からマンダの沢コースがあります。体力と経験が必要なコースです。


        二股出合を過ぎて第一番目の滝

 

 和賀岳から治作峠を経て、根菅岳肩、大荒沢岳、朝日畚岳のコースも魅力的です。マイナー十二名山になってからは登山者が多くなりました。上級者向けの山ですので、一般的な登山コースではありません。







朝日畚岳頂上から志渡内畚岳方面  奥は秋田駒ヶ岳から岩手山

2016年9月18日日曜日

真昼岳峰越ルート情報

 峰越ルートの刈り払いが終わりました。頂上まで快適に歩けます。19日には、歩行に邪魔な枝を下す予定です。朝露に濡れずに歩けます。真昼岳は、ウメバチソウとエゾオヤマリンドウが見ごろです。

 
 峰越林道の秋田県側は通行できますが、峠から岩手県側は通行止めです。通り抜けできませんので、注意してください。





 横手盆地も稲刈りが始まり、尾根からは黄金色に染まった田園風景を楽しめます。

2016年9月13日火曜日

真昼岳赤倉コース情報

 
 真昼山地は秋が深まり、朝露が濃くなっています。早朝の登山には、雨具を着けることをお勧めします。特に尾根では、ササが濃くなっていますので朝露で濡れます。ゲイター(ロングスパッツ)では、濡れてしまいますので、雨具がよろしいでしょう。

 石台の手前に倒木がありますが、谷側を簡単に迂回できます。

 現在、峰越口から真昼岳まで刈り払いの準備を進めています。人手を確保でき次第、刈り払いにかかりますのでお待ちください。

 尾根に見られる花は、エゾオヤマリンドウ、ウメバチソウ、アキノキリンソウが主です。


 10月22日に、川口渓谷の紅葉と瀧めぐりトレッキングを計画しています。詳細が決まりましたらお知らせします。定員は20人の予定です。

2016年9月5日月曜日

真昼岳情報


 
 真昼山地は9月になっても暑い日が続いています。しかし、朝晩は涼しくなり、露が降りるようになりました。山の花もウメバチソウとエゾオヤマリンドウ、アキノキリンソウが主なものになって来ました。横手盆地も青々とした田園から黄金色の田園に変わろうとしています。

 

 峰越林道は復旧工事が終わり、峠まで通れるようになりました。峰越口からの登山道は、北ノ股岳までと、赤倉口との合流付近の刈り払いをしましたが、途中はササが濃く足元が見えにくくなっている箇所があります。刈り払いの準備を進めています。

 赤倉コースは石台の手前に倒木がありますが、谷側を迂回できます。その他は問題ありません。


 真木林道と峰越林道が通行規制があったため、計画通りに刈り払いができませんでした。来年の計画も含めて、計画を見直しているところです。

2016年9月3日土曜日

薬師岳情報

 真昼山地は朝晩は涼しくなり、露が濃くなって来ました。しかし、日中は真夏日が続いていますので、熱中症に注意が必要です。

 真木林道の工事は、少し遅れています。登山口小屋の奥の工事は順調です。10月末の完成をめざしています。

 甘露水口の登山道は、今年は車の通行止めとなっているために登山者が極端に少なく、登山道が荒れ気味です。2箇所に倒木がありますが、迂回できますのでフラッグに沿って進んでください。ササで足元が見えにくくなっている箇所がありますので、注意してください。刈り払いの準備をしています。これから朝露が濃くなりますと、雨具を付けた方が快適に歩けるでしょう。

2016年8月22日月曜日

峰越林道情報

 真昼山地は残暑が続いています。

 峰越林道は崖崩れ防止工事は終わりましたが、検査がまだ終わっていませんので通行止めです。間もなく開通するでしょう。
 北の又橋の奥が、先日の雨で洗掘され車高の低い車ですと底をつき、通りにくいでしょう。そのほか、部分的に洗掘され通りにくくなっている箇所があります。開通するまで少しお待ちください。










 稲穂も垂れ始め、秋らしくはなって来ましたが暑い日が続いています。例年ですと9月の下旬頃咲き始めるバンダがもう咲いています。これも暑さのせいでしょうか。

 大曲の花火は、8月の27日の夜です。

2016年8月15日月曜日

真昼岳赤倉コース情報

 真昼山地も暑い日が続いています。昨日、赤倉コースを巡回して来ました。ハプニングがあって、ブナ林の途中で引き返すことになりました。
 
 ちょうどブナ林の中間地点を歩いているときのことです。頭上でバキッという音がしましたので、見上げました。そしたら5mほど先の登山道わきの木の上に、子熊がおり私を見下ろしていました。つやつやした黒い毛に、クルクルの愛くるしい眼、胸の真っ白な三日月の毛、ペットにしたいような子熊でした。数分にらめっこをしたらおどおどしてきたので、静かににらめっこをしたまま後ずさりをして10mほど離れて目をそらしました。すると子熊はするすると木を降り、登山道を逃げていきました。近くに母熊がいる可能性がありましたので、巡回をやめて引き返しました。

 子熊には恐怖を感じませんでしたが、母性本能の強い母熊の方に恐怖を感じました。