2017年3月15日水曜日

真昼岳情報

 真昼山地は、例年より少ない積雪が続いていましたが、3月8日からの雪で平年に近い積雪になりました。しかし、シャーベット状の雪ですので雪解けは例年より早まりそうです。

 赤倉沢林道の登山口手前の崖は、昨日、雪崩れましたが、まだ残っている雪がありますので、通過する際は注意してください。赤倉口から権現沢左岸の尾根を登りヤセツルまで巡回して来ました。雪が緩んでいるためスノーシューを着けました。

 ヤセツル(道標はヤセツル尾根となっていますが、ツルは尾根の意味ですので正確にはヤセツルです)は、まだナイフリッジ上です。ルートを大浅沢側にとってください。雪庇はかかっていませんので、尾根の直下にルートをとれます。ピッケルは必携です。

 ヤセツルから赤倉山の斜面は、気温が下がり風が吹くとアイスバーンになりまますので、アイゼン(10本以上)が必要です。

2017年3月2日木曜日

真昼岳情報

 真昼山地は連日好天が続いています。今朝も晴れですが、明日は風が強い予報です。

昨日は、権現沢左岸の尾根を登ってみました。  
 積雪は例年よりは少ない状態が続いています。沢筋では全層雪崩が始まりました。規模は例年よりも小さいようですが、沢には入らないで尾根を利用してください。急斜面ではアイゼンが有効です。また滑落防止や支点の確保ためピッケルが必要です。季節は早春ですが、天気が崩れると厳冬期に逆戻りです。まだまだ、冬の装備が必要です。

麓から日の出前の真昼岳

2017年3月1日水曜日

真木林道情報

 真昼山地は麓では堅雪となり、春らしい日が続いています。28日に真木林道を巡回して来ました。麓では堅雪ですので、つぼ足で歩けるかと思いましたが、山ではスノーシューかカンジキが必要でした。雪は締まっており足首までしか沈みません。


 天気が良く気持ちよく歩けました。林道の南斜面では木の根元が明け、土が見えます。雪は例年より少なく、3月中旬の積雪量です。雪解けは早まると思われます。






 写真は林道のももし坂の切通から見た甲山

2017年2月6日月曜日

真木林道状況

 真昼山地は積雪の少ない状態が続いています。今月の2日にある程度の積雪がありましたが、それでも例年の6割程度です。毎年吹き溜まりのできる箇所にも、今年は見当たりません。
 



 最も雪の深い時期にこのような状態ですから、山の雪解けは早まるのではないでしょうか。





夏知らずの滝も例年の半分ほどのつららです

2017年1月30日月曜日

真木林道の状況

 真昼山地は今年は寒波が長続きしないため積雪の少ない状態が続いています。1月の中旬に強い寒波で大雪となった以降は、まとまった雪が降っていません。
 
 29日の真木林道の状況は、例年の6~7割程度の積雪です。1月の中旬から2月の中旬は、最も雪が降り積雪が深くなる時期ですが、今年は3月の上旬のような状態です。平年であれば、乾いた軽い雪が深くつもりスノーシューを着けても膝上まで沈みますが、昨日は堅雪に近い状態で、ほとんど沈みませんでした。今年は雪解けが早まるような感じがします。

2017年1月13日金曜日

真昼山地は大雪です

 オホーツク上空に停滞する低気圧と寒気のため、真昼山地は大雪となっています。今朝の真昼山地の麓でも30㎝を超える新たな積雪となりました。一気に降った雪で、表層雪崩が起きやすくなっています。入山は控えた方が賢明かと思います。沢筋のルートは非常に危険です。

 上空の500hPaの高層天気図を見ると、寒気と低気圧の移動をブロックしていたアラスカ半島の南からベーリング海、カムチャツカ半島の北に伸びる気圧の尾根が弱まって来て、オホーツク海に停滞している低気圧と寒気が、東に移動できそうに見えます。今朝の高層天気図では、カムチャツカ半島の北部に高気圧が残り、アリューシャン列島付近に低気圧の通り道ができそうに見えます。

 来週の半ばには、真昼岳の冬のルートである焼山コースを巡回してみたいと思っています。

2017年1月4日水曜日

真昼山地雪の状況

 新年おめでとうございます。
 
真昼山地は、例年に比べて雪の少ない状態が続いています。冬型の気圧配置が長続きせず、まとまった雪がありません。大台スキー場は、まだ雪が少なく、リフトが動いていません。


 世界中期予報センターの天気図を見ると、8日に東海沿岸を通る低気圧が発達しながら千島に進み、強い冬型の気圧配置となり、北海道から北陸、東北は風も強く荒れる天気のようです。久しぶりに、この冬型の気圧配置は12日まで続いています。気象庁の予想天気図よりも低気圧が発達し、大荒れの天気を予想しています。スキー場では、この天気でまとまった雪が降ることが期待できそうに見えます。8日以降は天気予報に注意が必要でしょう。暴風や大雪の警報が出る可能性があるように見えます。


 元旦には初日の出を見ることができませんでしたが、きれいな霧氷を見ることができました。